1LDK「デスクセット+リビングテーブル(こたつ)+ベッド」「ベーシックカラー:黒」「アクセントカラー:ワイン、白」

2014年06月23日 09:55

 

 

1LDK(4畳半の洋室と8畳程度のLDK)のシミュレーション

シミュレーションとしては、角部屋ではなく、出口扉は洋室とLDKのベランダ側に1つずつ、収納スペースは洋室に1つあり、生活スペースとしてバス、トイレ別で、独立洗面台があると仮定します。

 

 

1、部屋全体のイメージを決めますが、以下の家具インテリアコーディネートを考えます。

 

3。クラシック、アンティーク
「事務所兼自宅だが、こたつでくつろぐ事に重点、友人は寝室には入れず、同棲時はベッド」

色は白、黒、落ち着いた色

家具インテリアは中世、アールヌーボー、アールデコのデザイン

 

 

 

★部屋のイメージを決める事で、最重要項目であるベーシックカラーとアクセントカラーを決めます。

ベーシックカラーとは部屋の大部分の面積を占める色、もちろん、壁の色、床の色も考慮して決定します。

アクセントカラーとはベーシックカラーとともに、自分が好きな色、差し色、視界に入れたい色を決定します。

 

今回はベーシックカラーに黒、アクセントカラーにワイン、白を持ってきました。

 

2.趣味、仕事、パーティ等の自分のライフスタイル、家具インテリアの必須アイテムを決定。

 

部屋で何をするのか、くつろぐだけなのか、仕事をするのか、

自分がどこに座るか、友達、恋人を呼んだらどこに座ってもらうかも考えます

 

 

ライフスタイルの決定

想定される1人暮らしのライフスタイルパターンで以下をチョイスします。

9.デスクセット+リビンググテーブル(こたつ)+ベッド

(事務所兼自宅だが、こたつでくつろぐ事に重点、友人は寝室には入れず、同棲時はベッド)

次のようにライフスタイルを決めます。

1。フリーランス、事務所兼自宅の場合ですが、こたつの座る部分にソファを置きリビングスペースを広く確保した、仕事よりもくつろぐ事に重点を置いたレイアウトです。

普段は洋室とリビングの扉は閉めておき、洋室は完全に寝室、一人用の空間として、友達を入れない事にしますが、同棲した場合には寝室に一緒に寝るライフスタイルです。

ただ、喧嘩した場合や一人になりたい場合には、一人の空間が部屋毎に確保できるので、同棲関係が長続きしやすいレイアウトです。

仕事の打合せは基本は外で行い、LDKにおいては、仕事よりも、リビングスペースを優先的に考えます。

2。仕事、勉強をデスクでしますが、普段はLDKのリビングスペースのソファをコーディネートさせたこたつでTVを見たり、寝室の1人用ソファに座ってくつろぐ事もあります。

3。同棲した場合には、寝室に一緒に寝ます。

友達や恋人が来た場合はLDKのリビングスペースのソファをコーディネートさせたこたつでくつろぎ、TVを見て、基本的には寝室とリビングの扉は閉めておきますが、同棲している場合は、一緒にリビングのこたつやソファでくつろぐもあり、一人がリビングのソファで、もう一人が寝室のソファで別々にくつろぐ事も可能です。

一方がデスクスペースにて仕事、勉強をしている場合は、デスクスペースとリビングスペースの間仕切りがないため、一方は、寝室にてくつろぐ方が同棲が長続きするライフスタイルになります。

4。料理を作って食べる時はこたつでリビングテーブルの上に料理を置いて食べますが、仕事時にはデスクセットで取る事も可能です。同棲時にはリビングにて一緒に取ります。

5。部屋へ帰り、電気をつけるときは、まずは玄関口の全体の電気をつけるが、くつろぎタイムでは、

ベッド横とソファの後ろの間接照明にする。

 

部屋のイメージを決定するのは、やはり面積の大きい家具が色と素材で決定させます。

優先順位もそういった家具から決めていきます。

 

3。コーディネート確認アイテムを決定。

 

生活に必須の家具インテリアとは別に、部屋のイメージを決定する項目をコーディネート確認アイテムとして設定します。

 

部屋コーディネートを構成する家具インテリアの面積の大きいアイテム4点と照明インテリア1点をコーディネート確認アイテムに設定

 

 

1。コーディネート確認アイテムの色の決定

ベーシックカラーを黒、アクセントカラーをワイン、白に決定します。

1.床 → 玄関から窓に続くキッチンマットはアクセントカラーの赤のヨーロピアン柄で、リビングスペースの一番面積の大きいラグもキッチンマット同様の柄で検討。

2.睡眠スペース → ベッドを用意し、アクセントカラーの白にします。

3.くつろぐスペース → こたつのリビングテーブルはヨーロピアン系をチョイスし、テーブルの色はアクセントカラーの白、こたつの布団はアクセントカラーのワインベースをチョイスし、デスクセットはクラシック系をチョイスし、デスクの色はベーシックカラーの黒、デスクチェアはアクセントカラーのワインをチョイス。

4.採光部分 → カーテンはこたつと同じアクセントカラーのワインベースにします。

5。夜の照明イメージ → 昼は家具インテリアとしての顔を持ち、夜は部屋の光の陰影が可能なフロアライトをチョイス。

 

 

コーディネート確認アイテムを参考に近いイメージの家具インテリアを探します。

色をまず合わせ、模様を検討します。

違う色を検討したい場合はコーディネート確認アイテムの3Dの図で確認します。

 

 
 
1。床:ラグマット

玄関から窓に続くラグマットはアクセントカラーのワインのヨーロピアンデザインのキッチンマットを複数並べる事で検討。

ウイルトンマット/ラッセル RE/67×120cm

↑画像クリックで購入可能 by  カグマル

<チョイスしたポイント>
1ワインベースのヨーロピアン柄のキッチンマットが、アンティーク、クラシックコーディネートのイメージにあう。
2裏面滑り止め加工。
3サイズ感が一人暮らしの1K部屋に丁度よく、色、柄がリビングのラグとあい、一人暮らしの1LDK部屋に統一感が出てオシャレ。

 
 
 

カーペットはキッチンマット同様、アクセントカラーワインを含むヨーロピアン柄を検討。

赤のウィルトン織りラグカーペット/160×230cm

↑画像クリックで購入可能 by  インテリア shiroyama

<チョイスしたポイント>
1アクセントカラーワインのヨーロピアン柄がアンティーク、クラシックのイメージにあうコーディネート。
2160×230cmが1LDK部屋に丁度よいサイズ。
3ラグとキッチンマットで、一人暮らしの1LDK部屋をアンティーク部屋に統一させる。

 
 
 
 
 
2。睡眠スペース:ベッド 

ベッドはアンティーク調のアールヌーボーを彷彿させる曲線の金属フレームを検討。

ブロンズ色のアイアンベッド/FIOREフィオレ

↑画像クリックで購入可能 by  エア・リゾーム インテリア

<チョイスしたポイント>
1ブロンズ色の金属製フレームのアールヌーボーを彷彿させる曲線デザインがアンティーク、クラシックコーディネートのイメージにあう。
2床下収納。
3ネット底によりベッドの通気性が高い。
4ベッドだけで一人暮らしの1LDKアンティーク空間を演出し、オシャレ。

 
 
 
 
3。くつろぐスペース(リビングスペース)のソファ 

ソファはコーナータイプのあるアンティークのイメージになる明度の低いブラウンのファブリック素材をチョイス。

ブラウンのフロアコーナーソファ/moffyモフィ /1人掛け:幅約50×奥行き75×高さ35/2人掛け:幅約100×奥行き75×高さ35/コーナー:幅約75×奥行き75×高さ35

↑画像クリックで購入可能 by  激安輸入雑貨店

<チョイスしたポイント>
1ブラウンのファブリック素材が安定ー区、クラシックのイメージにあいオシャレ。
2一人暮らしのこたつのある1LDKに最適なロータイプソファで、空間を広く贅沢に使える。
3コーナーソファはレイアウトを変えればオリジナルな間取りが完成。

 

 

くつろぐスペース(寝室スペース)のソファ 

寝室スペースのソファは1人用ロココタイプをチョイス。

ロココタイプのカフェ風ソファ/白/幅650奥行き720高さ680mm座面高さ410mm

↑画像クリックで購入可能 by  アーネ インテリア

<チョイスしたポイント>
1かわいいロココタイプのカフェ風デザインがアンティークのイメージにあいオシャレ。
2一人暮らしの1LDKの寝室に最適なソファで、空間を広く贅沢に使える。
3白のファブリックが部屋の統一感が出る。

 
 
 
 
3。くつろぐスペース:
リビングテーブル(こたつ)

テーブルはアクセントカラーの白でアンティークなイメージなものを検討。

ヨーロピアンクラシックの猫脚こたつ/幅750×奥行750×高さ37

↑画像クリックで購入可能 by  インテリア・雑貨のカリスマ

<チョイスしたポイント>
1ヨーロピアン調の猫脚のテーブルがアンティーク、クラシックのコーディネートのイメージにあう。
2幅750×奥行750×高さ373が一人暮らしの1LDK部屋に丁度良い
3こたつ1つで部屋のイメージを決定するデザインでオシャレ。

 

 

 

 
こたつ布団

布団はアクセントカラーワインで、柄も中世ヨーロピアンなゴブランイメージなものを検討。

ゴブラン風のこたつ掛敷布団セット/205×205/190×190 cm

↑画像クリックで購入可能 by  インテリアバザール

<チョイスしたポイント>
1ゴブラン風の柄がラグ、キッチンマットとあい、アンティーク、クラシックのコーディネートのイメージにあう。
2205×205/190×190が一人暮らしの1LDK部屋に丁度良い
3中綿が入ったベロアで温かい。

 
 
 
仕事、勉強用デスク

テーブルはアンティークイメージになるよう上品な木製を検討。

シンプルなアンティークデスク/幅900 奥行き500 高さ720mm

↑画像クリックで購入可能 by  arne(インテリア家具と雑貨)

<チョイスしたポイント>
1アンティーク調の木製がアンティーク、クラシックコーディネートのイメージにあう。
2幅900 奥行き500 高さ720mmが一人暮らしの1LDK部屋に丁度良い
3TVボードとあい、1LDK部屋に統一感がでる。

 

 

 

仕事、勉強用チェア 

アクセントカラーのワインで、アンティーク、レトロのイメージになるデザインを検討。

オシャレなPUノースチェア/幅530×奥行640×高さ835~915×座面高425~505mm

↑画像クリックで購入可能 by  激安オフィス家具オフィスコム

<チョイスしたポイント>
1木製とPUがアンティーク、レトロコーディネートのイメージにあう。
2デザイナーズ製品だけに独特のフォルムのみならず、居心地が良い。
3ワインが一人暮らしの1LDK部屋に統一感が出てオシャレ。

 

 

 

 
ドレッサー兼サイドテーブル(寝室) 

アンティークのイメージになり、寝室サイズのものを検討。

アンティーク調木製ドレッサー/幅600奥行き400高さ1360mm、スツール幅370奥行き370高さ420 mm

↑画像クリックで購入可能 by  arne(インテリア家具と雑貨)

<チョイスしたポイント>
1アンティーク調の木製がアンティーク、クラシックのイメージにあうコーディネート。
2幅600奥行き400高さ1360mmが一人暮らしの寝室のドレッサーに丁度良い。
3スツール付きでCPもよい。

 

 

 

 
4。採光部分:カーテン 

カーテンは、色はワインで柄は中世ヨーロピアンを検討。

ドイツ製 ドレープカーテン「カステッロ/幅100×丈200cm

↑画像クリックで購入可能 by  インテリア shiroyama

<チョイスしたポイント>
1中世のヨーロピアンデザインが上品でオシャレでアンティーククラシックコーディネートのイメージにあう。
2キッチンマット、ラグマットと同じ柄で一人暮らしの1LDK部屋に統一感が出る
3ドイツ製でプリントではなく全て織りによって作られている。

 
 
 
 
 
採光部分:カーテン

カーテンはアクセントカラーのレースを検討。ヨーロピアン柄を検討。

トルコ製 刺繍チュールレースカーテン /エクラ/ 巾100×丈198cm

↑画像クリックで購入可能 by  インテリア shiroyama

<チョイスしたポイント>
1トルコ製の刺繍チュールレースカーテンがアンティーク、クラシックのイメージにあう。
2レース素材が一人暮らしの1LDK部屋の寝室によい。
3刺繍の糸自体は光沢があり、見る角度によって光が反射しゴージャス。

 

 

 
5。照明:フロアライト 

照明は部屋の導線を確保し、部屋の窓口、顔になると意識して、昼は色とデザイン、夜は陰影がどう出るかを確認してチョイス。

クリンカガラスのフロアライト/540W×350D×1530H

↑画像クリックで購入可能 by  Ampoule

<チョイスしたポイント>
1。デスクセット、リビングテーブルと同じスチールアイアンで一人暮らしの1LDK部屋に統一感が出る。
2。夜は陰影はないが、柔かい光が優しい。
3。アールデコのデザインがオシャレでアンティーク、クラシックコーディネートになる。

 
 
 
 
2。コーディネート確認アイテムのレイアウトの決定
 

1。1LDKですが、普段は洋室とリビングの扉は閉めておき、洋室は完全に寝室、一人の空間として、友達を入れない事にします。

デスクスペースとリビングスペースに区切るためにどのインテリアを使うのか。ラグの役割は何なのか。

コーナーのあるソファにてデスクスペースとリビングスペースを区切り、空間を広く使い、仕事よりもくつろぐ事に重点を置くライフスタイルの為、間仕切りインテリアを置かない事にします。こたつの座る部分の後ろにソファをレイアウトする事でリビングスペースを広く使い、玄関からリビングまでラグをレイアウトする事で1LDK部屋を統一させ、カーテンもラグ同様のファブリックにする事にします。

2。窓との関わり方を決定。窓に向かってくつろぐのか、窓の近い所でくつろぐのか、窓の近い所で睡眠するのかを決定しますが、窓に向かってくつろぎ、就寝スペースも検討。

LDKでは、仕事場スペースよりもくつろぐリビングスペースの優先順位を高くするので、TVを見て、食事もする形になるので、こたつとリビングテーブルとコーナーソファのを窓付近に、デスクセットをキッチン付近にレイアウト。

寝室ではベッドの足下を窓側に向け、ベッドに併行して一人用ソファをレイアウト。

3。寝室のベッドのレイアウトは、足下を窓側にして、窓の景色をベッドで寝ながら見れるようにします。

4。照明のレイアウトは就寝スペース、リビングスペースの明かりの確保として、ベッド頭とリビングのソファとキッチンの間の壁側をチョイス。

 

 

3Dで見てみます。

 

 

 

 

 

この5点が部屋のイメージの色、テイスト、インテリア家具の素材感を決定する最重要項目なので、ここからはじめます。

この5点を決めて、コーディネート確認アイテムとして、その他の生活に必要なインテリア家具アイテムを

このコーディネート確認アイテムとあうかどうかをシミュレーションして、追加していきます。

 

 

2、部屋の空間を2次元で考える。

コーディネート確認アイテムをチョイスした後に、最終的に部屋に置く家具、インテリアの配置、レイアウト、コーディネートをどうするか決める。

 

自分の求める部屋イメージに必要なインテリアはを生活用途別に分けます。

1人暮らしの生活に必要な基本アイテム:ベッド(布団)、冷蔵庫、TV、カーテン、収納棚等

1人暮らしの趣味、仕事、自分のカラーを出すために必要なアイテム:ソファ、ソファベッド、ダイニングセット、照明、カーペット、本棚、机、鏡、オシャレアイテム等

 

コーディネート確認アイテム以外で必要なものを確認します。

1.冷蔵庫、

2.TV、TV台

3.収納棚3つ(1キッチン収納、2クローゼット、3本棚、リビング収納)、

4.布団、

5.洗濯機

6.オーブンレンジ

 

 

コーディネート確認アイテムと上記の生活必須アイテムとをコーディネートしていきます。

 

1の冷蔵庫はキッチンの後ろ側隅におきます。

 

2のTV、TV台は、コーディネート確認アイテムのレイアウトの決定にて「窓に向かってくつろぐ」事にしたので、LDKの窓付近にレイアウトします。

 

3のキッチン収納は、冷蔵庫隣にレイアウト。

クローゼットは寝室のベッドとデフォルト収納の間にレイアウト。

本棚、リビング収納はデスクスペースと廊下の間仕切りとしてレイアウト。

 

4の布団は部屋備え付けの収納スペースに。

 

5の洗濯機のレイアウトは部屋の水周りですでに決定してます。

 

6のオーブンレンジは冷蔵庫の上、もしくは、キッチンシンクの収納に入れます。

 

キッチンレンジの隣には、空きスペースにして、ここに、植物をおきたいです。

部屋のテイストイメージがアンティーク、クラシックのレイアウト実例

 

次に平面図を3次元でイメージをふくらまします。

 

3、部屋の空間を3次元で考える。

コーディネート確認アイテムをチョイスした後に、最終的に部屋に置く家具、インテリアの高さのコーディネートをどうするか決める。

インテリアによって、部屋空間を区切る場合は、コーディネート確認アイテムのチョイスの時点で各スペースの目的を検討しました

各スペースの役割が決まることにより、1人暮らしの部屋のパーツ、窓の高さ、台所の高さ、玄関棚の高さを確認しながら家具、インテリア1つずつの高さをどうするか決まります。

1人暮らしの空間を広く見せるために家具、インテリアをどの位置にレイアウトするのか。レイアウトにはこだわらず、高さで調整するのか、空間の立体感を出すために高さの違う家具、インテリアを並べるか、等を考えます。

 

部屋のテイストイメージがアンティーク、クラシックの3D実例図
 

 

1の冷蔵庫の高さは気にしなくて大丈夫です。

 

2のTV、TV台は、高さを気にする必要はないですが、あまり高くならないようにチョイスします。

 

3のキッチン収納は、冷蔵庫隣にレイアウトされ、高さは気にする必要ないです。

クローゼットは寝室の奥にレイアウトされるので高さは気にする必要ないです。

本棚、リビング収納はデスクスペースと廊下の間仕切りとしての機能がありますが、部屋を狭くしないよう1m以下をチョイス。

 

 

4.残りの家具インテリアをコーディネート確認アイテムに合うかどうか確認しながらシミュレーション

 

生活の必須家具インテリアのレイアウト、高さのコーディネートを確認したので、購入シミュレーション

 

 

1の冷蔵庫は「部屋のテイストがアンティーク、クラシックの3D図」により部屋のアンティーク、クラシックイメージにあうブラウンを検討。

1。冷蔵庫: 

冷蔵庫はブラウンで、一人暮らし用の大きさ138Lを検討。

パナソニック 2ドア冷蔵庫 (138L)/ブラウン

↑画像クリックで購入可能 by  ビックカメラ楽天市場店

<チョイスしたポイント>
1。ブラウンがアンティーク、クラシックのイメージにあう。
2。138Lの2ドアで、電子レンジが載せられ、一人暮らしに丁度良いサイズ。
3。奥行き580mmがキッチンシンクとレイアウトの前面を揃えられる。

 
 
 

2のTV、TV台は「部屋のテイストがアンティーク、クラシックの3D実例図」により茶のアンティークデザインをチョイス。

2。TV台: 

TV台は木製のアンティークデザインを検討。

ウォールナット材使用のアンティークTVボード/幅1500 奥行き400 高さ320 mm/W800×D400×H460mm

↑画像クリックで購入可能 by  アーネ インテリア

<チョイスしたポイント>
1。ウォールナット材を使用したデザインがアンティーク、クラシックコーディネートの部屋にあいオシャレ。
2。下駄箱と同じアンティーク調の木製が1LDK部屋の統一感を出す。
3。幅150cmが空間が優雅に見え、一人暮らしの1LDK部屋にちょうど良い。

 

 
TV: 

TVは価格と相談ですが、白色を検討し、TV好きを想定して外付けHDD対応可能なものを検討。

外付けHDD対応32型シャープアクオスの液晶TV/白

↑画像クリックで購入可能 by  JET PC

<チョイスしたポイント>
1。白がアンティーク、クラシックのイメージにあう。
2。32インチの液晶TV。
3。外付けHDD対応で録画した番組をUSBを通してハードディスクに転送可能

 

 

 
3−1。食器収納

食器棚は1LDK部屋のキッチンスペースの奥にレイアウトするので、圧迫感をそれほど気にする必要なく家具インテリアを検討。

レトロ ダイニングボード/幅58×奥行39.5×高さ150cm

↑画像クリックで購入可能 by  ハローファニチャー

<チョイスしたポイント>
1。レトロタイプが、デスクとあい、アンティーク、クラシックのイメージにあうコーディネート。
2。幅58×奥行39.5×高さ150cm が一人暮らしの1LDK部屋に丁度良い感じ。
3。リングの取っ手がアンティーク調で可愛くオシャレ。

 
 
 
3−2。クローゼット: 

クローゼットはLDKの部屋の奥のスペースなのである程度高さのあるものでも検討します。

木目調のワードロープ/高さ:177cm幅:75cm 奥行き:58cm

↑画像クリックで購入可能 by  ウッディライフ

<チョイスしたポイント>
1。ダークブラウンの木目調がアンティーク、クラシックのコーディネートイメージにあう。
2。高さ177cm奥行き58幅75のハンガーラック丈夫が一人暮らし1LDKのワードロープならず、多機能収納にもなる。
3。木目調デザインが落ち着く

 
 
 

 

3−3。多目的収納: 

廊下とデスクスペースの間仕切りである本棚、多目的収納棚は、部屋に圧迫感を持たせない収納の為の家具インテリアを検討。

収納仕切り棚/幅80cm 奥行き30cm 高さ116cm

↑画像クリックで購入可能 by  家具のアウトレット専門店!

<チョイスしたポイント>
1。ベーシックカラーの茶の木目が下駄箱とあい、アンティーク、クラシックのイメージにあうコーディネート。
2。幅80cm 奥行き30cm 高さ116cmが部屋を広くみせたままの役割が大きい。
3。両側から収納できる

 

 

4の布団はベーシックカラーの黒をチョイスして

 

5の洗濯機はどれでも大丈夫です

 

6のオーブンレンジはベーシックカラーの黒をチョイス

 

 

 

5。光の取り入れ方を考える。

照明は、コーディネート確認アイテムにて下駄箱あたりに1つチョイスし、もう1つはベッドの横、もう1つはキッチンの部屋の隅。これで3つの照明が3箇所、部屋のほぼ3隅にあるので、これだけあれば生活ができます。

 

用意する照明1:(できれば陰影を出す家具インテリア)

床下に置く用途の照明:昼間は家具インテリアとして部屋テイストイメージを決定するフロアライト。

 

用意する照明2:(できれば陰影を出す家具インテリア)

寝室スペース用の照明:昼間は家具インテリアとして部屋テイストイメージを決定するスタンドライト。

 

用意する照明3:

くつろぐスペース用の照明:家具インテリアとしては隠す為、部屋イメージに関係ないクリップライト。

 

 

1つの部屋で3つの間接照明があれば、生活導線も確保できて、オシャレな空間が完成します。

もちろん、寝る時も電気を消さないようであれば、フロアライト3つでもいいですし、光の陰影を独創的にする為にクリップライト3つでもいいです。

 

オシャレな照明テクニック1:

照明を視覚的に見えない場所に置く。

オシャレな照明テクニック2:

空間を照らさないで壁を照らす。

オシャレな照明テクニック3:

用意する間接照明の中で1つはラタン素材等で陰影で幻想的な空間を出すものをチョイス。

 

インテリアコーディネートTOP

 

 

戻る